マイホーム計画 スピーカーデメリット壁掛けテレビ縦長LDK

ファミリーに人気の縦長LDK。デメリットってあるの?

こんにちはー!

yuinaです(*゚▽゚)ノ

 

 

今日は我が家の縦長LDKのデメリット対策をご紹介したいと思います!

 

我が家の間取りは見て分かるとおり、縦長のお家になります。

LDKに関しては長さ約10mです!

 

 

 

子供たちが走り甲斐ありそうな長さですw

 

 

この大きさで置くテレビは1台のみになります。

 

壁掛けテレビ用の壁を設けてしまったので、ココ以外に置くところないですしねー

 

 

 

 

Sponsor Link

最大のデメリット

我が家の中でLDKの最大のデメリットはテレビの音が聞こえないということでしょうか。

 

もうキッチンで料理してたら一切聞こえなさそーな距離な気がしますw

 

 

聞こえたとしても、リビングのソファで誰かテレビを見ていたらリビング付近はきっと爆音でしょうww

 

 

はい、致命的です!

 

 

そこで打開策として考えた案があります。

 

 

 

 

 

コレをキッチンとダイニングの天井に埋め込んでテレビの音量を均等に流す作戦です。

 

スピーカーを設置後のお話はこちら

デメリットなし!やってよかった埋め込みスピーカー*設置費用も全公開!旦那こだわりBOSEのスピーカー

 

ちなみにコレだけれは音は流せません!

 

yuina
yuina

アンプが必要ですよ。

 

 

我が家が採用するアンプはこちら↓

 

 

アンプはローとハイの2種類があります。

設置場所などの条件によって変わりますので注意して下さい!

 

ロータイプ

  • スピーカー設置台数4台以下
  • ケーブル長さ20m未満

 

ハイタイプ

  • スピーカー設置台数5台以上
  • ケーブル長さ20m以上

 

間違えるときちんと音が伝わらないみたいなので、設置したい方は確かめてくださいね!

 

アナログ出力なので設置する場合は偶数設置がオススメです!

(店員さんに確認済み)

 

 

 

yuina
yuina

設置場所も天井の高さによって違いますよー

それからリモコンニッチのところにボリューム調整のコントローラーも設置予定です。

コントローラーは壁付けになります。

 

 

コレがあれば音量の変更もラクにできますしねー!

 

 

 

我が家はスピーカーは4個付ける予定なので、アンプも込みで10万もいかないで出来ると思います。

配線工事費はこちらから

電気工事費用が判明!ダウンライト、EVコンセントは一体いくらなの?!

 

思ったよりも工事費がかからなくて安心しました!

 

 

コメント